黒にんにくはいつ食べるのが効果的?

目的別食べるタイミング

黒にんにくは、食べ過ぎ無い限り副作用はありませんし、いつ食べてもよいのですが、
目的に合ったタイミングで食べることで、さらに効果がアップします。

 

ダイエットが目的

黒にんにくを、運動する直前に食べることによって代謝がアップしますし、身体を温める効果をさらに高めたいなら、お風呂に入る前に食べることも効果的です。

 

美容が目的

黒にんにく効果

美容が目的なら、黒にんにくを寝る前に食べることで、寝ている間に肌の新陳代謝を良くして美肌効果があります。

 

健康増進が目的

生活習慣病の予防やがん予防など、健康のためには夜寝る前に黒にんにくを食べるのが効果的です。

 

人間の体内は昼間には交感神経が優位で、エネルギーの消費や、呼吸、心臓の働きを維持して体内活動を行いますが、夜になり身体がリラックスすると、今度は副交感神経が働きだします。

 

副交感神経は、体内の消化を促進したり、血管を拡張させたり、呼吸や心臓の働きをゆったりにさせて身体を休ませます。その間に黒にんにくの抗酸化作用が働いて、体の酸化を修復してくれます。

 

さらに、今話題のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、副交感神経が優位になった時に活発に活動し、がんへの攻撃を強めるので、がん予防効果もバッチリです。

 

そう考えると、リラックスモードのとき、お茶を飲んだり、くつろいでいる時や、お昼寝タイムの前に黒にんにくを一粒というのは、健康に良さそうですね。